本日の現場ブログ | 『株式会社 外装本舗』は鶴ヶ島市より埼玉県全域で外壁塗装、屋根塗装、外装リフォーム全般の施工をおこなっています。住まいの塗り替え専門店!

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年02月06日 [外壁塗装]

断熱塗料ガイナ!その断熱と遮熱の仕組みとは?

「これから外装塗装を考えている。」
「外装の剥がれや汚れが目立ってきたので、どうにかしたい。」
このようなお考えをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
せっかく外装塗装をするのならば質の高い塗料で、質の良い施工をしたいですよね。

そこで今回は、断熱など様々な分野で高い効果を発揮する塗料「ガイナ」についてその断熱と遮熱の仕組みをご紹介したいと思います。
これを読めば、「なぜガイナが断熱に優れているか」がわかり、その効果の信ぴょう性が高くなると思いますので、ぜひ一度お読みになってみてください!

□遮熱の理由
ではまず最初に、なぜガイナが高い遮熱効果を持つのかをお話しいたします。
その理由は、ガイナという塗料が「特殊セラミック」と「アクリルシリコン樹脂」からできていることにあるのです。
このメカニズムは、特殊セラミックが紫外線を吸収し、近赤外線を反射しているという所にあります。

つまり、太陽の熱に対して、赤外線を完全にシャットアウトしているのです。
暑さや熱を伝えるのが赤外線であることを考えると、この仕組みは遮熱の完璧さを物語っていますよね。

□遮熱の流れ
次に、この塗料が遮熱を行う過程をもう少し詳しく見ていきます。
先ほど述べましたように、ガイナの塗膜は特殊セラミックを形成するため、日光を効率よく反射します。
これが遮熱の最初の段階です。
そして、その後は一部吸収した熱を効率的に逃がします。
こうすることで外壁に熱をためず、外気を逃し室内の温度を保つのです。


□断熱の効果
この外装塗料にどれほどの断熱効果があるのかを見ていきましょう。
この塗料を塗らない時と塗った時では、同じ程度の気温の日ですと、塗った時の方が、室内の温度が約2℃強も低くなったそうです。
これはつまり、エアコンの温度設定を2度高くしても快適に過ごせるということであり、光熱費の削減にも大きく貢献します。

また、屋根裏の温度は塗らない時に比べて13度以上下がったそうです。
これは、外壁がしっかりと断熱・遮熱を行っていることを示す信頼できるデータと言えるでしょう。

□まとめ
以上が、「ガイナ」という塗料の断熱と遮熱の仕組み、流れ、その効果のご紹介となります。
「なぜガイナが遮熱をできるか」と「ガイナの遮熱効果の高さ」がお分かりいただけたかと思います。もしこれを読んで、次の夏までにガイナを使って外壁塗装をしたい、とお考えでしたら、ぜひ外装本舗での外装塗装工事を検討ください!
ガイナ認定施工店の一つであり、塗り替え専門店として経験豊富なスタッフが、良質のガイナを高い品質で塗装させていただきます!


お問い合わせ

 

会社ロゴ


PageTop