本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年11月11日 [外壁塗装]
外壁塗装は高額な費用がかかるため絶対に失敗したくありませんよね。
しかし、トラブル事例も少なくありません。
そういったトラブルを1つずつ見ていくと、どうすれば未然に阻止できるかがわかるようになるかもしれません。
この記事では外壁塗装のトラブル事例を紹介いたします。
今後の参考にしてください。

□外壁塗装のトラブル事例

*手抜き作業でトラブル
意図的に手を抜いた作業を行う業者も存在します。
お客様は契約時や施工完了時にこのような手抜き工事に気づけないだけでなく、期間が経たないと施工の影響がわからないのです。

意図的な手抜き工事の具体例としては下塗りが挙げられます。
下塗りを手抜きしても出来上がった瞬間は綺麗な仕上がりに見えます。
しかし、時間が経つにつれてだんだんと状態が悪くなるのです。
工事からしばらくして塗装が落ちたり、剥がれてきたりしてお客様が業者に責任を問いますが、業者側はそれを自分たちの責任にしたくないというトラブルの構図です。

*作業ミスでトラブル
作業ミスでトラブルになってしまうことはよくあります。
花壇や庭の他の場所に塗料がついてしまったり、作業の工程を忘れてしまって雨漏りになってしまったりします。

それ以外にも、外壁塗装の仕上がりが思ったよりも色が濃いなど、仕上がりに関するトラブルもあります。

お客様からすると自分の頼んだ色と違うが、業者からすると言われた通りに作業したためトラブルに発展します。

*周りからの苦情でトラブル
周りへの挨拶回りが不十分であると、周りの住宅から苦情の声があがることがあります。
外壁塗装の工程には臭いが発生したり、騒音が発生したりするものがあり近隣の方に影響を及ぼします。依頼した業者にはできるだけ丁寧に挨拶回りをしてもらった方が良いです。


*金額をめぐってのトラブル
見積もりで示された以上の値段を求められたという事例はよくあります。
お客様に無断で追加工事をしたり、値段のことを一切相談せずにオプション工事を施すことでトラブルになります。

そういった業者に当たらないように、価格設定をしっかり吟味することが大事です。
まずは業者選びの点から、慎重にすることでこのようなトラブルは防げるのではないでしょうか。

□まとめ
この記事では外壁塗装を取り巻くトラブルに関してお伝えいたしました。
色々なトラブルがありましたが、大事なのは業者選びです。
見積もりの時点で値段や工程、過去の実績などを調べて質問を用意しておくようにしてください。
弊社は外壁塗装の質に自信を持っています。外壁塗装でお悩みのお客様はぜひ1度ご相談ください。

会社
問い合わせ


PageTop