本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年06月23日 [外壁塗装]
皆さんは、壁の一部が崩れるなどして修理が必要になった際、どの業者に依頼しますか?
まずはご自身が家を建てた時に利用したハウスメーカーなどの大手企業が、候補として思い浮かぶのではないかと思います。

一方で、地域に根差した工務店というのもありますよね。
このどちらに依頼するのがより良いのか、壁の修理において重視したい3つの観点で比較していきます。

◎壁の修理を依頼するなら大手メーカー、それとも地元の工務店?

○費用面
工事費用の形態に大きな違いがあるわけではありませんが、必要な料金としては圧倒的に地元の工務店の方が安いです。
よく宣伝や広告で目にする大手の業者は、多くの顧客からの信頼を得ることで成り立っているわけではありますが、その費用を回収しないと経営が成り立ちません。そこで工事費用を高くすることでうまく賄っています。

また、規模の大きい会社は実際の施工を下請け会社に依頼していることもあります。
その仲介手数料を受け取ることで経営を安定させているという面もあるのです。
そのため大手の会社は工事費用以外に使われる費用も料金として含まれていますので、自ずと高くなってしまうのです。

○技術面
大手企業に関しては、施工実績や事業規模の大きさから信頼できると感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、先述の通り大手企業の多くは各地の下請け業者と契約していますので、実際の業者がどのような技術力かということは未知数です。

一方で地元の工務店は基本的にその会社の従業員が施工まで請け負うことになります。
経営者自身も職人であることが多いので、会社の技術がそのまま実際の工事に反映されることになります。
長く地域に根差している業者であれば、そこで活動を続けられるだけの力があるということです。
確実性という点であれば地元の工務店に分があります。

○保証面
保証については大手のハウスメーカーには強みがあります。
地元の工務店に比べますと経営破綻のリスクも低いため、長くアフターフォローを受けることのできる可能性が高いです。

ただ、工務店側にも独自の保証書を発行したり、不満や不具合が見られた時には無料で修理することを保証内容にしていたりするところも見られます。

◎最後に
今回は壁の修理を依頼するにおいて候補となりうる大手のハウスメーカーと、地元の工務店を比較いたしました。
両者にメリットとデメリットがありますので、ご自身が重視したい点を中心にしてお選びになると良いでしょう。

2018年06月19日 [外壁塗装]
外壁塗装につきましては業者に依頼することを検討されることもあるかもしれませんが、どのようなことを選ぶ決め手にされようとお考えですか?

外壁塗装をはじめとする住宅のリフォームにかかる費用は決して安いものではありませんから、料金面で魅力を感じることも多いものです。

しかしそこで一度立ち止まって、その業者で本当に大丈夫なのかということを考えていただきたいのです。
というのも、残念なことに外壁塗装業界におきましてもトラブルの事例は少なからず報告されており、勘違いからトラブルに発展していることもないわけではありません。

◎契約書や見積書において気を付けたい費用に関する文言
契約書や見積書に書かれている事柄については業者側に悪意があるかどうかは別として、しばしば曖昧な表現がされていることがあります。
これこそが誤解を生む原因であり、トラブルの始まりです。具体的な表現を挙げてどこを注意すべきかをお話いたします。

◦X円から・基本料金XX円
この文言を見たときに、多くの方は数字に目がいったのではないかと思います。
○○に入る数字が低いと「安くできるのか!」というインパクトが大きいですよね。

しかしよく考えてみると、非常に曖昧な表現ではないでしょうか?これで分かるのは、最低価格が○○円であることであって、その工事が○○円で行えることを示しているものではないということです。
極端な例を出すと、○○円の何倍もの工事費用を請求されても文句は言えないのです。
基本料金というものは、追加費用が生じる場合によく使われる表現ですので、○○円で済むとは思わない方が無難です。

このような文言があった時には、実際の価格はどのぐらいなのかを尋ね、回答内容やその姿勢がはっきりしているかどうかで信頼できるかを見極めましょう。
また、文字として起こしておくと、主張に違いがあったときに証拠としても使えますので、できれば明記してもらうことをおすすめします。

◦一括Y円
塗装には様々な工程があり、それぞれで費用がかかります。見積書においてしばしば一括料金になっていることがありますので注意しましょう。
「総額で○○円なのか…」と思いがちですが、全ての費用が入っているかどうかは分かりませんので、追加費用の有無も含めてしっかりと確認しておくことが必要です。

◦特別価格・割引!
販売においてはしばしば「大きな割引」や「特別価格」などのフレーズで顧客を引き付けようとしますが、これは価格の相場が曖昧であることも一因となっています。
正確な価格は分かりませんが、明らかに安いところや原価が高いところに気付くためにも、複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりによって比較されることをおすすめいたします。

◎最後に
今回は、外壁塗装の業者選びに関して、価格面でのトラブルを防ぐために知っておいていただきたい観点をご紹介いたしました。
誤解からトラブルが生じないように、曖昧なところは質問するなどして解消し、そこでの対応なども踏まえて依頼する業者を選ぶようにしましょう。

2018年06月15日 [外壁塗装]
「キッチン・風呂・トイレのリフォームってよく聞くけど、壁のリフォームはいつすればよいのだろう。そもそも必要なのかな。」
このようなことを気に留められていらっしゃいますか。
家の内側のことなら、不具合が出ると生活に大きく支障をきたすので、破損したらすぐにリフォームされると思います。

一方、屋外の壁のことは、大きな衝撃を受けて穴が空いたならまだしも、そのような大きな傷はめったにないため、なかなかいつフォームを行うかわかりません。
そこで今回は壁の中でも特に外壁に焦点を当てて、リフォームが必要になるタイミングや気を付けた方が良いサインをいくつかご紹介いたします。

◎外壁のリフォームをすべきタイミング、痛みのサインを見つける
特に明るい色の外壁ですと何年もするうちに色が変わってきて「汚れているな」と気が付くことはあるかもしれません。そうは言いましても、じっくりと壁をご覧になられることはあまりないかと思いますので、一度外に出て以下の点をチェックしてみてください。

●カビ・藻類が生えていないか
カビや藻類は外壁に付着しますと住宅の内側に向かって伸びていきます。それにより隙間ができることで水分や湿気が入りやすくなり、住宅内部に使われている素材の痛みが加速してしまいます。最終的には構造部も腐食してしまいますので、速めに対応することが大切です。

●壁に触れたときに粉が付かないか
この粉は外壁に施されている塗料であり、外壁の防水性を高める重要な役割を果たすものです。この状態を放置しますと外壁への雨水の浸食などが懸念されますので、防水工事を行う必要があります。

●コーキングが痛んでいる
コーキングというのは、外壁における継ぎ目や隙間を埋めるために用いられているゴムのようなもののことで、外壁の防水に欠かせないものです。こちらも水分や湿気の侵入を起こしやすくしてしまいますので、そのままにしておくのは危険です。

問い合わせ

●クラックが見つかった
クラックというのはひび割れのことで、場合によっては外壁の下地にも影響が出ている可能性がありますので、すぐに補修工事を行ってください。

◎最後に
上記のことでひとつでも該当するものが見つかった場合には、早急に壁のリフォーム工事をしてください。特に問題が見つからなくても、十年以上何もされていないのであれば、それなりに痛みが出てきていますので、業者に依頼するなどして検査を受けることをおすすめいたします。


問い合わせ



2018年06月11日 [外壁塗装]
「外壁を塗装するには結構かかるらしいけど、相場ってどれくらいなんだろうか。」
マイホーム購入からしばらく経ち、外壁の劣化が気になり始めたころ。マイホームをきれいに保ちたい。でも、費用が気になってしまうとう方は多くいらっしゃいます。

「外壁 塗装 相場」と検索すると、様々な金額が出てくるかと思いますが、それがあなたマイホームに適応できるとは限りません。むしろ、外壁塗装の相場知りたい方は、どんなものに費用がかかるのかを知り、マイホームの条件にあわせて計算するほうが得策です。
そこで、今回は外壁塗装費をおおまかに計算する方法をご紹介します。

■費用計算の基本式
外壁塗装の費用は、大まかに言えば
(塗装にかかる材料費・設備費)×(塗装面積)+(人件費)
で計算できます。ご自宅までの交通費や廃棄物処理費などの経費もかかりますが、ここでは割愛いたします。

塗装面積は、マイホームの壁面積と言い換えられるので、簡単に概算できます。もしマイホームが約30坪なら、壁面積はおおよそ100uになります。

一方、一般の方は、外壁塗装にかかる材料費や設備費にピンとこないかもしれません。以下、どんなものがあるのかご紹介します。

■塗装にかかる代表的な3つの費用
◇費用1:塗料費
「外壁塗装なのだから当たり前だろ。」と思わないでください。
塗料費がかかることはご存知でも、塗料の種類によって価格が全く異なることをどれくらい知っていますか。塗料費について考えるときは、単に価格を見るだけでなく、その塗料の耐用年数・効果を勘案して総合的なコストパフォーマンスを見る必要があります。
外壁塗装をするなら、まずは塗料に詳しくなるのが良いかもしれません。

◇費用2:足場代
見落としがちな一方で結構かかるのが足場代です。外壁を塗装するときには必ず外壁の周りに足場を組まなければなりません。足場代は塗装面積に比例するだけでなく、塗装業者が自社で行うのか、下請け業者に委託するのかでも変動します。
見積もりを取るときには、誰が足場を組むのかにも目を向けてください。

◇費用3:高圧洗浄代
外壁を塗装するには必ず洗浄を行わなければなりません。さもなければ、下塗りがきれいにできず、後々塗膜の膨らみ・剥がれに繋がり、外壁の劣化を早めてしまうからです。
高圧洗浄の費用は線状の種類によっても異なるのでご注意ください。


■まとめ
外壁塗装の相場を知りたい方のために、費用計算のための要素を簡単にご紹介しました。費用が変動する要因はまだ残されていますが、手始めにご紹介したものを頭に入れて、適切な業者選びに役立ててください。

問い合わせ


2018年06月07日 [外壁塗装]
こんにちは。株式会社外装本店です。皆さんは住宅に関する断熱と言えばどのような方法を思い浮かべますか。ご自宅の断熱効果を上げるリフォームには断熱効果のある塗料を塗ることがよくありますが、それに限りません。そこで今回は外壁塗装の断熱塗料以外の断熱リフォームについてご紹介していきます。

充填断熱
柱などに断熱材を充填する断熱方法です。壁の内側に断熱材を充填するため余計なスペースがいらないので、多くの場合コストが抑えられます。柱など中に断熱材を詰めていくので内断熱などとも呼ばれています。
メリットは、先述したように壁の中のスペースを有効活用しているので余分なスペースを設けなくてもいいことです。また充填断熱に使われる断熱材は火に強いものが多いので火災時に火が回りづらく火の回りを遅くできます。また、使われる断熱材が外張断熱の素材より安いため、工事費用がトータルで安く済みます。
デメリットには、しっかり気密性、通気性を確保していないと結露が発生してしまい建材を劣化させてしまう恐れがあります。

外張断熱
柱などの外側を断熱材でくるみ断熱効果を発揮します。柱や壁の内側を残すことにより配管や配線のスペースを確保できます。また施工後の点検など簡単に行うことができ、さらに外側なので内部意匠の自由度が高いです。断熱効果は充填断熱よりも高く、省エネ効果が期待できます。また断熱効果が高いので結露防止にも役立ち非常に優秀な断熱効果です。しかし、外張断熱もいいことばかりではなく、デメリットが存在します。外側に断熱加工すると施工費用が高くなり、充填断熱より高くなる傾向があります。また外側だと断熱材の経年劣化などがあるので、劣化した際にはもう一度リフォームのし直しになります。

外張断熱と充填断熱どちらが良いのか
外張断熱も充填断熱もそれぞれにメリットがあり、それぞれにデメリットがあるのでどちらか完全に優位になるということはありません。家の形や住んでいる地域、希望している見た目、予算などで決めるので適材適所と考えることが正しいと思います。また壁の部分部分によって変えることができるので、組み合わせられます。また充填断熱に外張断熱を付加させることもでき断熱性を高めることができます。


問い合わせ


今回は外壁塗装以外の断熱についてご紹介しました。外張断熱、充填断熱ともにメリット、デメリットがあるのでそれを把握した上で施工を依頼すると後悔のない依頼ができるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

2018年06月03日 [外壁塗装]
近年ますます夏は暑くなる一方です。そんな中欠かせないのがクーラーだと思います。暑さが増すなか、より一層クーラーに頼ってしまっているかもしれません。
しかし、中には、クーラーがあまり好きでない方やクーラーで体調を崩してしまう方も少なくないと思います。そんな、できればクーラーをなるべく使わずに快適に暮らしたい方のために、今回は、クーラーばかりに頼らずに夏を越えられる断熱についてご紹介していきます。


●断熱塗料と遮熱塗料
家の断熱性を上げ、部屋の熱や温度を抑える代表的な方法が、外壁塗装において断熱塗料を使うことです。太陽の熱でアスファルトや屋根が非常に熱くなっているのは見たことがあると思います。外の外壁や屋根が熱いと必然的に部屋の温度もぐんぐんと上昇していき、ひどい場合、室温が40度を超えることもあります。

そんなときにクーラーをつけなければ非常に危険です。我慢をすれば命にかかわる場合もあります。
しかし、「少しでも空調費を抑えたい」「クーラーは苦手だから使いたくない」という方もいらっしゃいます。
そこで登場するのが断熱塗料と遮熱塗料です。断熱塗料や遮熱塗料は先述したように外壁塗装で使用する塗料のことです。遮熱塗料は赤外線を反射する顔料を塗料に混ぜることにより高熱の原因となる赤外線を反射します。

また断熱塗料は部屋に熱を伝えないという点では遮熱塗料と一緒ですが、仕組みが違います。塗料に熱伝導率の低い樹脂を混ぜることにより部屋の温度を抑えます。
また断熱塗料は冬場にも役に立ちます。

寒い冬は熱を外に熱を逃がさないという働きを持ちます。断熱塗料でお勧めなのがガイナ塗料という塗料です。断熱塗料や遮熱塗料という類の中では一番有名と言っても過言ではありません。またガイナ塗料は防汚、防音効果などもあり非常に優秀な塗料です。

●外張り断熱
家を建てる時や外壁をリフォームする時に行う工事です。外張り断熱は柱や壁に断熱材を挟むことにより断熱効果を発揮し熱を抑えます。断熱材が途切れないことにより非常に高い断熱効果を発揮します。また結露を防ぐ効果もあります。ただ、効果が高い分費用の方も高くなり、約10%から20パーセントぐらい高くなることが多いです。その分省エネなので、最終的にはどちらか得かというと難しい所です。

以上、クーラーを使い控えても夏を乗り越えさせてくれる外壁塗料と外張り断熱をご紹介しました。まだまだ他にも断熱の方法があるものの、この2つは非常に有名でオーソドックスな方法です。ガイナなどの断熱塗料は当社でも取り扱っています。もし気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ


PageTop