本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年04月30日 [外壁塗装]
皆さんは、外壁塗装が必要な時期をご存知でしょうか。

ご自宅の外壁を見ていると「少し色褪せてきた」「ヒビが入っている」といった症状が目に付くかもしれません。
直した方がいいのかなと思ってネットで調べてみると、外壁塗装料の高さに驚かれたのではないでしょうか。
外壁塗装の劣化に対処するのは早いに越したことはありません。
ただ、費用が高いのでできれば先延ばしにしたいというのが本音ではないでしょうか。

そこで、今回は外壁塗装をする時期を見極めるための外壁症状についてご説明します。
ご自宅の劣化症状は、対処がすぐに必要なものなのかどうかチェックしてみてください!

■早急に対処が必要な劣化症状
早急に対処が必要な症状を2つご紹介します。

◇症状1:外壁・コーキングのひび割れ
外壁塗装は、風雨や紫外線などのダメ―ジから外壁材や建物を守ってくれるものです。
しかし、ひび割れがあると、その隙間からダメージが直接内部構造に影響を与えてしまうので、建物の劣化が速まってしまいます。
構造クラックという大きく深いヒビでなく、ヘアークラックという毛のように細いヒビであっても油断大敵です。一般的に築8~13年の頃からこの症状が見られるでしょう。

◇症状2:塗膜の剥がれ・膨れ
外壁塗装が剥がれたり膨れたりしている場合には、ひび割れ同様建物に直接ダメージが及んでいます。
剥がれや膨れを放置していると、より重大な劣化を引き起こしてしまいます。
一般的に築10年ごろから見られる症状ですが、塗装時の施工不良があると築年数が浅くても剥がれや膨れといった症状が出る恐れがあるため要注意です。

■塗装機能低下の初期症状
上で紹介したものに対して、そのような重篤症状に至る前の初期症状もご紹介します。
これらの初期症状は、直ちに建物にダメージを与えるものではありませんが、放置しておくと程度のひどい症状に繋がるため、早めに対処することをおすすめします。

◇初期症状1:ツヤがなくなる
築8~10年が経過すると、外壁のツヤが無くなってきたり色が変わったりしているように感じます。
これ自体は、見た目が変わるくらいで大した問題ではありませんが、より重い症状が現れる徴候だと言えます。
外壁色の変化が起こり始めたら注意が必要だということです。

ただし、ガイナ塗料のような元々色が淡くツヤの無い塗料を使っていると、劣化していても色の変化に気づけないというケースもあるため、そのような塗料を使っている場合にはこの判断指標はあまり使えません。

◇初期症状2:チョーキング
チョーキングとは、外壁の表面にチョークの粉のようなものが付着する現象です。この粉は、塗料が劣化して粉状になったものですので、塗料の防護効果が弱まっていることを教えてくれます。放置していると紫外線や風雨のダメージから外壁を守れなくなり、ひび割れなどの症状を引き起こしてしまうので、早めの対処をおすすめします。

■まとめ
このように、外壁の劣化症状には重度のものと軽度のものがあります。
重度の症状を見つけたら、早急に対処しないと、ダメージが悪化してより多額の修繕費用が掛かるかもしれません。
一方、初期症状にとどまっている場合でも、お早めに対処することをおすすめします。

2018年04月26日 [外壁塗装]
皆様の中には、外壁塗装の塗り替えを検討されている方がいらっしゃると思います。
塗装塗り替えのためにどこの会社がいいかいろいろと探されていると思います。
しかし、外壁塗装業界は一般の方に知られていないことが多いのをいいことに、手抜き施工や法外な費用請求で
消費者を騙そうとする悪徳業者が、残念ながら存在します。

そのため、外壁塗装の会社選びにあたっては、悪徳業者を見分けて騙されないことが重要です。
そこで、今回は外壁塗装の悪徳業者を見分ける3つのポイントをご紹介します。
これらのポイントに当てはまる会社は悪徳でないか疑う方が良いかもしれません。

■ポイント1:訪問営業で緊急性を煽ってくる
いきなり訪問してきて、「外壁塗装が劣化している。このまま放置していたらいつ崩れるか分からない。」などと脅してくる業者は悪徳である可能性が極めて高いでしょう。

確かに、外壁塗装の劣化を放置していると、内部構造にまでダメージが及ぶので早めに対処するに越したことはありません。しかし、明日・明後日に工事を行わなければ建物が崩壊してしまうといった話ではないのです。

もし、訪問営業の方に指摘されて自宅の外壁が心配になったら、その会社ではなく別の会社に相談してみましょう。
それに、強引さも見受けられますよね。

■ポイント2:高額の値引きをする
悪徳業者は、常套手段として、元々の費用を高めに作っておいて、最後に大幅値引きをするという手段を使います。
30万円、50万円といった高額の値引きは確かに魅力的です。消費者からすれば、それだけ値引くために会社側が頑張ってくれているのかとも考えてしまいます。しかし、実際には適正価格より高額の費用を大幅値引きによって安く見せかけている可能性がありますのでご注意ください。
よくある例)「今日たまたまえらい人間が事務所に来ていて、今日決めて頂ければさらに○○万円値引きできますよ。」


■ポイント3:「足場費用が無料」というサービスをうたっている
足場費用が無料になることなどまずありえません。なぜなら、足場は外壁塗装をするためには必ず必要なものだからです。ブランコという屋根からロープを垂らして塗装を行う方法なら足場は要りませんが、不安定できれいに塗るのが難しい方法なので避けるべきでしょう。

足場代が無料になるという会社の言い分としては、「この近くの別の家でも塗装をしているからサービスで足場代を値引きますよ。」と言ったり、「近くの現場の足場をそのまま持ってくるので足場代がかからないんです。」と言ったりします。
実際には、近くで同じ工事を行っていても足場代が変わるわけではありません。一から組み直すものなので費用の変化はないのです。


■まとめ
外壁塗装の会社には、このようにあらゆる手口で消費者を騙そうするところがあります。外壁塗装会社に騙されないよう基礎知識を身に着けて、賢い消費者になってくださいね。

お問合せ

2018年04月17日 [外壁塗装]
皆様は、外壁塗装にどのような機能を求めていらっしゃいますか?
今では、塗料のグレードによって、耐用年数が十年以上変わることもあります。
それだけ、塗料が進歩してきているのです。
また、耐用年数だけではなく、遮熱性や耐候性、断熱性に優れている塗料も存在します。
そこでこの記事では、高機能塗料の中でも特に人気の塗料であるガイナについてご紹介します。

ガイナ
◆ガイナが生まれた背景
ガイナは、ロケットなどの宇宙技術を応用されて作られた塗料です。
ロケットに使われていた技術ということは、非常に厳しい環境でも耐えられるだけの高機能な塗料ということです。
そのため、とても人気な塗料になっているのです。

◆ガイナの効果
ここでは、ガイナの様々な効果をご紹介します。

・遮熱効果
ガイナには、遮熱効果があります。
そして、他の遮熱効果のある塗料と比べても、効果が大きいです。
特に、太陽光の近赤外線を90%反射するというのは、素晴らしい効果です。
他にも、熱を放射したり、熱の侵入を抑えたり、熱を溜め込まない効果があります。

・結露対策
ガイナを塗装すると、室内の温度と壁の温度が近づきます。
それによって、温度差が小さくなり、結露が起きにくくなるのです。
完璧になくなるわけではありませんが、結露の発生を軽減することができます。

・耐久性
ガイナは、耐久性が非常に高いです。
そのため、外壁塗装の塗り替えの回数を減らせますし、結果として外壁塗装にかかる費用が安くなる場合もあります。

◆ガイナの効果の作用
ガイナには、多くの効果があることをお伝えしました。
そして、ここでは、具体的にどのような場面でガイナの効果が発揮されるのかご紹介します。

・夏も冬も快適に
遮熱効果や断熱効果があることで、夏も冬も外気の影響を受けにくくなります。
その結果、夏に涼しく、冬に暖かい家になるのです。
さらに、エアコンの使用料金が下がったり、エアコンの立ち上がりが早くなったりするメリットもあります。

・カビやダニの発生を防げる
結露している状態で、水に濡れると、カビやダニの発生につながります。
そこをガイナで塗装していることによって、発生するリスクを下げられます。

◆まとめ
この記事では、高機能塗料の中でも特に人気の塗料であるガイナについてご紹介しました。
ガイナは、元々宇宙ロケットに使用されていたものを改良してできたものです。
そのため、多くの効果を持っています。
しかし、ガイナにもデメリットはあります。
それは、費用が高いということです。
ぜひ、メリットとデメリットを総合的に判断しましょう。

お問合せ

2018年04月10日 [外壁塗装]
皆様の中には、屋根を修理したいと考えている方がいらっしゃると思います。
しかし、屋根のリフォームには、いくつかの種類のリフォームがあるのです。
そこでこの記事では、屋根塗装工事と、屋根重ね葺き工事の特徴についてと、屋根工事のメリットをご紹介します。

◆屋根塗装工事
屋根塗装工事では、高圧洗浄などで屋根をきれいにした後に、屋根塗装用の塗料を塗布します。
そして、その塗料には様々な種類があり、耐用年数が長い塗料や、耐候性が良い塗料、遮熱性に優れた塗料などがあります。
作業工程としては、最初に足場を組み立てて、高圧洗浄で汚れを落とします。

高圧洗浄

次に、下地処理、養生をして塗料が飛び散らないようにします。
そして、下塗り、中塗り、上塗りの三回塗りをして塗装終了となります。

◆屋根重ね葺き工事
元々の屋根の上に新しく、屋根材を重ねる工事になります。
この工事の特徴は、元々の屋根材を取り払わないため、屋根材ごと取り替える葺き替え工事よりも、安い費用で工事できる
ことが多いということです。
作業工程は、屋根の汚れを落とした後に、屋根下地合板を付けます。
そして、防水シートを敷いて、新しい屋根材を取り付けます。

屋根上葺き

◆屋根工事のメリット
先ほどお伝えした、二つの屋根リフォームによって、もたらされる効果をご紹介します。
・雨漏り対策になる
やはり、屋根のトラブルと言えば、雨漏りという印象があるのではないでしょうか。
そのくらい、雨漏りの被害は多くあります。
その雨漏りを屋根工事によって改善できるのです。

・家の寿命が延びる
雨が降ると、家の屋根に当たってしまいますよね。
それ以外にも常に、外部から何らかのダメージを屋根が受け止めてくれています。
つまり、屋根は家を外部の悪影響から守ってくれているのです。
その結果、家の寿命が延びることに繋がります。

・デザイン性
屋根工事の目標は、もちろん家を守ることですが、塗料の色を変えるなどして、見た目に変化をもたらせます。
ずっと同じ色の屋根よりも、少し色を変えて、デザイン性を楽しむのも良いでしょう。
屋根工事をするのであれば、ぜひデザイン性にもこだわってみてください。

◆まとめ
この記事では、屋根塗装工事・屋根重ね葺き工事の特徴についてと、屋根工事のメリットをご紹介しました。
屋根工事をするのには、様々なメリットがあります。
どのような屋根工事をすればよいのかは、しっかりと業者の方に相談した上で決めることをおすすめします。
ぜひ、屋根塗装で家を守って頂きたいと思います。

お問合せ


2018年04月05日 [外壁塗装]
現在お住まいの住宅で雨漏りが発生しているという方は、早急に雨漏りを改善したいと考えているのではないでしょうか。
実際に、雨漏りを放置してしまうと、シロアリが発生したり、家の資材が腐食してしまったりする可能性があります。
そこでこの記事では、雨漏りの基礎知識と修理についてご紹介します。

◆雨漏りする場所はどこ?
皆さんは、雨漏りはどこで起きると思いますか?
実は、様々な場所から雨漏りが発生する可能性があります。

・屋根
雨漏りが発生する場所と聞いて、屋根を一番に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
やはり、屋根が最も雨漏りが発生しやすい場所です。
屋根材や塗装部の劣化によって、雨水が侵入してしまいます。
特徴としては、部屋の中に雨水が落ちてくることが挙げられます

・壁
皆さんは、壁からも雨漏りするということを知っていますか?
壁から雨漏りする原因は、外壁塗装にひび割れが起きたり、塗膜が剥がれたりして、その破損部から雨水が侵入してしまうことです。

・ベランダ
ベランダから雨漏りすることもあります。
ベランダは雨が降ると、直接雨水が当たってしまいますよね。
そして、降水量が多いと、ベランダに雨水がたまってしまい、経年変化でベランダのコンクリートにひび割れが起こると、雨漏りに繋がるのです。

・窓
窓も雨漏りします。
原因は、窓と壁の間に隙間があり、そこから雨水が侵入してしまうことです。

雨漏りをする場所は様々ですが、主な原因は何らかの理由で隙間ができてしまい、そこから雨水が侵入することです。
そのため、雨漏りがする場合は、原因となる隙間をなくす必要があります。
特に、台風の後などは隙間ができていないか確認する事をお勧め致します。

◆雨漏りの修理は業者に依頼
皆さんの中には、雨漏りの修理を自分でしたいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。
屋根からの雨漏りや壁からの雨漏り、ベランダからの雨漏り、それぞれに修理方法があります
しかし、破損部分が大きい場合や複雑な場所を修理しないといけない場合は、自力で修理するのは困難です。

そして、自力でできると思っても、修理が上手くいかなかったら、効果がないだけではなく、逆効果になる可能性もあります。
そのため、雨漏りが発生したときには、業者に修理を任せるという判断も検討すると良いでしょう。

◆まとめ
この記事では、雨漏りの基礎知識と修理についてご紹介しました。
雨漏りしている状態は、好ましくないですよね。
雨漏りが気になっている方は、業者に相談して、雨漏り問題を解決しましょう。

お問合せ

PageTop