本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年01月18日 [外壁塗装]
「外壁塗装の費用っていくらくらいするんだろう?」
外壁の色あせや周囲の家に比べて劣化が進んできたと感じたら、外壁塗装で外壁のリフォームを行います。
しかし、その相場を知らなければ、依頼をすることはできませんよね。
そこで今回は、外壁塗装にかかる費用の内訳を確認しながら、その相場についてお伝えしていきたいと思います。

◇外壁塗装にかかる費用の種類
外壁塗装をするにあたっては、塗料以外にもいくつか必要な費用があります。
まず初めに、塗装を行うためには作業台となる足場を組み必要があり、外壁塗装の料金にはこの足場台というものも含まれているのです。
足場を組まなければ作業ができないため、これは必ずかかる費用になります。

次に、塗装を行う壁表面の汚れを落とすための高圧洗浄代というものも発生します。
塗装面が汚れていると塗料を上手く塗ることができないため、作業の前には必ず洗浄を行うのです。

また、必要のない場所に塗料がかからないようにするという目的で、家の壁面には養生が足場の周囲には飛散防止ネットが用意されます。
飛散防止ネットは、隣の家の壁に塗料が飛ばないようにするために大変重要ですね。

ここまで塗装を始める前の準備段階における、費用内訳について話してきました。
次は塗装本体にかかる費用についてお伝えしていきます。

◇塗料によって変わる塗装費用
塗装本体にかかる費用は、シーリング、下地補修、下塗り、塗料と大きく4つに分かれています。
この内塗料は使うものによって値段が変わってくるのですが、シーリング、下地補修、下塗りの3つは同程度の単価なのです。

シーリングと下塗りはそれぞれ1uあたり750円と700円程度で、下地補修は一律で2万円ほどになります。
これがどれくらいの金額になるかと言うと、大きさが30坪の家で塗装総面積が約118uですので、シーリング、下地補修、下塗りを合わせておよそ20万円です。

さらに、塗料が加わるとどうなるかと言うと、一般的なシリコン塗料で1uあたり2500円程度なので全体面積で30万円弱、下準備の額と合わせておよそ50万円ということになります。
塗料の面積は、塗装する外壁の大きさによって大きく違ってきますので、上記の金額を参考にして頂ければ幸いです。

◇まとめ
外壁塗装にかかる全体の費用は、広さ30坪の家の場合に塗装代の50万円に加えて、足場や飛散防止ネットなどの準備にかかる費用約20万円がかかり、70万円程度と言うことになりました。
これはあくまで30坪のお宅を想定した場合の料金シミュレーションで、相場としては40~80万円と言われているのです。
外壁塗装の依頼をお考えの方は上記の料金を参考にされるか、業者に見積り取って頂いてみてください。

問い合わせ
会社ロゴ


PageTop