本日の現場ブログ | 『株式会社 外装本舗』は鶴ヶ島市より埼玉県全域で外壁塗装、屋根塗装、外装リフォーム全般の施工をおこなっています。住まいの塗り替え専門店!

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年01月31日 [外壁塗装]
急な雨漏りでなんとかしなければならないという時、皆さんならどんな対処法が思いつきますか?
雨漏りの対処には、自分で応急的な措置を行う方法と業者に依頼し修繕してもらう方法の二種類があります。
今回は、業者依頼のメリットと自分で修理行うDIYの問題点についてご紹介していきます!

◇雨漏りはバケツで受ける...?
もし家の中にいて天井から水が滴ってくるようなことがあれば、何にせよとりあえずは自分で対処をしなくてはなりません。
「雨漏りが落ちてきた」そんな時に皆さんが思いつくのは、バケツあるいはたらいで雨漏りを受けることではないでしょうか。

昔から変わらぬ対処法ですが、床をびしょ濡れにしないため、ひとまず水を受けられるもので受けるというのは正解です。
水を垂れ流しにしていると床が滑って危ないだけでなく、床材の中に雨水が侵入していく原因となってしまいます。
雨漏りがあったら、ひとまず大きめのバケツや洗面器で水を受けるようにしましょう。

◇バケツで受けた、その後は?
雨が止んでしばらくすれば、自然と雨漏りも治まってくるはずです。
雨漏りが止まったらまた同じところから雨漏りが起きてこないように、屋根裏を懐中電灯で照らしながら雨漏りの原因の場所を探します。
そして、だいたいの場所の検討がついたらビニールシートと防水テープを使って穴のある場所を一時的に塞いでおきます。

こうすると今度少しの雨が降ったくらいでは雨漏りは起きてこなくなるため、応急的な処置としては効果的です。
しかし、本当にビニールシートと防水テープだけで雨漏りを凌ぎ続けられるでしょうか。
DIY用の接着剤や木質ボードを使ったとしても、どこまで効果があるのでしょうか。

 天井雨染み

◇最後は業者に依頼
雨漏りの原因となる箇所を自分で治して、その場は凌ぐことができたとしても、今後永久にそのままというのでは心もとないですよね。
ご自分で対処された雨漏り工事というのは、後に必ず業者の修理を受ける必要があります。
自己修繕では、直せたとしても雨の侵入してくる屋根表面だけですが、修理業者に依頼すれば天井のクロスや中の骨組みまで修繕してもらえるのです。
その分費用は多くかかりますが、いずれ直さなければならない部分なのでなるべく早めに修理の依頼をして雨漏りがない状態にしてもらいましょう。


◇まとめ
雨漏りの自己修理は応急的な措置にはなりますが、雨漏りの根本的な解決にはなりません。
修理せずにそのまま放っておくと骨組みの腐食の原因にもなり危険ですので、なるべく早めに業者に修理してもらうようにしましょう。

お問い合わせ

 

会社ロゴ


2018年01月30日 [外壁塗装]
雨漏りと言えば、天井からぽたぽた水が落ちてきてバケツやたらいで受けて修理までの期間を凌ぐ、というのがメディアでよく見るイメージですが、そうなってからではタイミングとしては遅いです。
雨漏りはより早期の段階で異変に気づき、修理の手を打っておく必要があります。
そこで今回は、修理を行なうべき雨漏りの危険状態の兆候の種類について見ていきたいと思います。

◇雨が降るとポタポタと音がする
雨が降った時に天井裏で音が聞こえたら、雨漏りの可能性があります。
雨が降ればポタポタ音がするのは当たり前と思っている方、音の出所によっては雨漏りの可能性もあるんですよ。
本来、雨は家の一番外側の屋根にあたり、雨樋をつたって排水に流れていくものであり、皆さんがいる部屋の天井に落ちてくることはありません。

しかし、雨が降った時に音がする、頭上の近いところで定期的に鳴っているという場合には、屋根をすり抜け雨水が内部に浸入してきている可能性があるのです。
そのような音がしたら、気をつけるようにしましょう。

◇天井や壁に雨染みがある
天井裏で音がするよりも進んだ状態が、天井や壁の雨染みです。
天井のクロスに黒い模様が浮き上がっていたり、壁に上から垂れているような模様あったりすれば、雨漏りを起こしている証拠になります。
ポタポタと言わなくなったと思ったら天井に雨水が染み込んでしまっていて、雨染みで音が鳴らなくなっていただけという場合もあるので、注意が必要です。

他にも、天井裏の骨組みをつたって天井や壁に水が流れてきた場合には、音がなくいきなり雨染みになっている可能性もあるため、強い雨の後など変な模様ができていたら雨漏りを疑うようにしましょう。

屋根塗装 
◇雨が降った時にカビ臭さがある
雨が降った時にカビ臭さを感じたら、雨漏りを起こしている可能性はあります。
降雨時のカビ臭さは木や壁材の腐食が原因となっている場合が多く、壁の向こうにカビ臭さを感じる時は雨漏りによって腐食を起こしている場合があるのです。

壁材や骨組みの腐食は、経年劣化や湿気によっておこる場合もあるため一概には言うことはできませんが、カビ臭さをもとに雨漏りを見つけるのは見えない雨漏りを見つけるのに有効な手段なのです。
雨が降った時にカビ臭さを感じる箇所があったら、雨漏りの可能性があるということを覚えておいてください。

◇まとめ
雨漏りは必ずしも部屋の見えるところに起きるものではなく、むしろ天井の裏や壁の奥など一件分からないところで発生するものです。
その兆候を早期に発見し、なるべく無事な段階で対策を打てるようにしましょう。

お問い合わせ

 

会社ロゴ


2018年01月26日 [屋根塗装]
「見た目の色が悪くなってきた」
「ところどころにひび割れが見える」
屋根の劣化というのは、長年一軒家に住んでいるとどうしても起きてしまうことです。

しかし、屋根の劣化をそのまま放っておくと雨漏りや屋根の崩れ落ちというのを招いてしまいます。
そのため、屋根が劣化してきたと感じたら業者の方に修理をお願いしなければいけません。

◇屋根修理の種類
屋根の修理は、その傷み具合や目的によってどの修理方法で修理するのか変わってきますが、最も手軽な工事が「塗装工事」になります。
既存の屋根の上に塗装液を塗って塗装膜を作る工法で、屋根材の補強が主な目的です。
ひび割れを起こした屋根は隙間から紫外線や雨水が侵入してくる可能性があり、放っておくと骨組みの損傷を引き起こしてしまいます。

そのため、屋根に劣化が見え始めたら早めに塗装工事を行う必要があるのです。
この「塗装工事」の良いところは、なんといっても安く手軽に補強工事が行えてしまうところで、他の葺き替えなどと比べると費用は圧倒的に安くなります。
そのためには屋根の劣化を早期に発見し工事を依頼することが重要ですので、家の築年数が長い方は定期的に点検を行うようにしましょう。

◇屋根が大きく損傷した時は?
屋根がひび割れや風化といった軽度の損傷しか受けていないときは、塗装によって補強することが効果的ですが大きな損傷の場合はどうでしょうか。
瓦がボロボロに劣化してどれも今にも粉砕してしまいそうな状態や、屋根の一部が無くなっていて下地がむき出しになっているところがある、このような状態になってしまったら、屋根を新しく張り直す必要があります。

このような工事を葺き替え工事と言い、部分的に瓦を張り替えたり、金属屋根の場合には一面丸ごと張り直すというようなこともします。
全く新しい屋根にすることもできるため、家の外観を替える意味でも利用されるのです。
葺き替え工事の欠点は、なんといってもその工事金額の高さです。

部分的なものでも数十万円、一面丸ごとだと百万円以上かかることもあり、そうかんたんに手は出せません。
なので、屋根の修理の場合にはできるだけ早い段階で劣化に気づき、塗り替えや一部の葺き替え工事で済ませることが正解でしょう。

◇まとめ
屋根の劣化には、早期発見と迅速な修理というものが必要になってきます。
屋根の劣化を放置し雨水や紫外線にさらされる状態にしていると、雨漏りや骨組みの腐食など大きな被害を家にもたらすことになってしまいます。
家の防御壁である屋根を大切に管理するようにしましょう。

お問い合わせ

 

会社ロゴ



2018年01月25日 [外壁塗装]
鶴ヶ島市の施工現場。
ベランダ交換工事
錆で穴が空いてしまったベランダ、お客様は大変不安なご様子でした。
既存ベランダ

既存ベランダ撤去
ベランダ撤去
ベランダ撤去
ベランダ撤去

ベランダ取付
ベランダ取付
ベランダ取付
ベランダ取付

A様邸完成全体
最後のベランダ取付も無事終了で、外壁塗装、屋根上葺き(カバー工法)、雨樋交換、ベランダ取り換え
すべて完了しました。
完了
工事完了
工事完了

2018年01月23日 [外壁塗装]
鶴ヶ島市A様邸現場からです。
足場

外壁上塗り作業です。
上塗り
破風板上塗り
玄関上
破風上塗り
窓枠(木部)
窓枠(木部)塗装

雨戸、戸袋、霧除け塗装
雨戸塗装
玄関霧除け

お問い合わせ

 
会社ロゴ



2018年01月22日 [屋根塗装]
屋根の劣化は、雨漏りや家の骨組みの腐食など大きな被害の発生を招くため、早めに修理しなければいけません。
しかし、屋根修理の値段や修理の仕方の種類を知らなければ業者に依頼するのも躊躇してしまいますよね。
そこで今回は、屋根の修理が必要な方に向けた屋根修理の工法についてお伝えしたいと思います。

◇平らな屋根に特化したカバー工法
屋根修理の工法の中の一つに、カバー工法というものがあります。
これは既存の屋根の上から新しい貼付け型の屋根を取り付け、屋根を二重に重ねた状態で家を守っていくというのものです。

屋根が二重になる分重量は増してしまいますが、既存の屋根を壊すことなく全く新しい屋根にしてしまうことができるため、エコで頑丈な屋根を作ることができます。
このカバー工法は、既存の屋根の上に防水シートを取り付けてその上に金属製の屋根板を重ねていく工法になるため、施工が平らなタイプの家に限られているのです。
防水シート

平らなタイプと言うと、スレート屋根やトタン屋根、その他金属性の屋根などでは平らな形状になっているものが多く、日本瓦のように波打った形状になっていなければ施工することができます。

屋根カバー
◇カバー工法による屋根修理のメリット
このカバー工法の何が良いかと言うと、元の屋根を取り壊すことなく補強のような形で新しい屋根を取りつけることができるため、屋根を全て取っ払って新しい屋根をつける葺き替え工事よりもかなり経済的なのです。
スレート屋根など平らな形状の屋根にしか出来ない特殊なタイプの修理方法ですが、平らな屋根だからこそ出来る特別なオプションという形で捉えることができるかと思います。

また、カバー工法は屋根の中にごく微量のアスベストが含まれていた特殊なケースの改修工事においても活用された事例があります。
アスベストは現在では、その有毒性が懸念され住宅を含む一切の建築材料に混入することが禁止されていますが、過去の建材の中にはごく微量なものを含め混入されているものがありました。

屋根の中にも粘土製で中にアスベストがごく微量含まれていたものがあり、そういったアスベスト入りの屋根材は葺き替え工事を行った場合、処分費として高額な費用が請求されてしまうのです。
設置している分には人体にほとんど影響のないレベルの含有率なのですが、廃棄するとお金がかかってしまうことで廃棄物の生まれないカバー工法が個々で使われたのです。
屋根カバー工法


◇まとめ
カバー工法は葺き替え工事に比べて安く屋根の修理ができるというだけでなく、既存の屋根を活かせるエコな修理方法です。
家の屋根が平らなもので出来ていて、修理が必要であるという場合には是非カバー工法での修理を考えてみてください。

お問い合わせ

 

会社ロゴ


2018年01月20日 [外壁塗装]
みなさんこんにちは!
「外装塗装を考えているが、決め手がない。」
「外装塗装工事を検討しているが、どこの会社に選べば良いかわからない。」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
確かに、外装塗装というのは頻繁にする工事ではありませんし、業者選びに関しては多くの方が迷ってしまうかと思います。

そこで今回は、外壁塗装業者を選ぶ際に見ておきたいポイントをいくつかご紹介したいと思います。
これを読めば、業者選びに軸ができて工事までの流れがスムーズにいくと思いますので、ぜひ一度お読みになってみてください!

足場

□距離が近いこと
やはり、悩みや要望についての相談を気軽にできるということは、工事において非常に重要です。
「もっとこうして欲しかったのに、完成してみたらイメージと違った。」という状態にならないためには、話をしやすいことは大切だと言えますよね。
特に、最初の点検から最後の引き渡しまで「同じ会社」で行っているかどうかで、会社との距離は大きく変わってきます。依頼した会社と実際に施工する会社が違うというパターンの時は十分に注意が必要と言えるかもしれません。

□アフターメンテナンス
やはり、工事が終わってからのアフターケアは「良い塗装業者のポイント」として重要でしょう。
「工事したら終わり。」というような対応をする会社さんには、あまり工事を任せようとは思わないですよね。
10年間程度の保証や定期的な訪問などがあると、十分なアフターケアと言えると思いますので、一つの基準として覚えておいてくださいね。

□価格も大切です!
そしてもちろん、「価格」が適正であるということも大切だと思います。
どんなお客様でも、どれだけ良質の塗装工事をしてくれるからといって、無制限にお金を払うわけにはいかないですもんね。

しかし、だからと言って業者選びのポイントを「価格」一本に絞ってしまうことは危険です。
価格は安いけど対応が悪かったり、見積もりと実際の金額が異なったりするトラブル事例も報告されていますので、お気をつけください。低価格の理由がしっかりとある上に、前に述べたようなポイントを揃えている会社を選べると、満足のいく工事ができそうだと言えるでしょう!

屋根塗装
□まとめ
以上が、外壁塗装会社を選ぶ際のいくつかのポイントのご紹介となります。
この3つを持っていれば、会社選びがスムーズに運べそうな気がしませんか?
お客様との距離、アフターケア、価格はどこに行ってもぜひ頭に入れておいてくださいね!
外装本舗も選択肢に入れた上で、ぜひこのような基準を持って会社選びを進めてみてくださいね!


会社ロゴ

お問い合わせ

 
クオキャンペン



2018年01月19日 [外壁塗装]
鶴ヶ島市A様邸。
足場

下塗り作業です。そのまえにクラックの下地処理を数か所おこないました。
クラック処理前
クラック処理後

痛みがある破風板は、ケレン処理をいてからの下塗りになります。
木部(木材)はオールシーズンで雨水や太陽光から影響を受けています。湿気や気候により水分を吸収したり放出したりしている為
剥離が起こりやすいです。
木部を塗装する前に丁寧にケレン作業をする事が重要です。
破風下地
軒天、外壁の下塗り作業
軒天、外壁下塗り
外壁下塗り

翌日中塗り作業です。白い部分が昨日の下塗り剤です。アステック社「ホワイトフィラー」。
中塗りはアステック社リファイン色「メリーノ」
外壁中塗り
中塗り
中塗り



2018年01月18日 [外壁塗装]
「外壁塗装の費用っていくらくらいするんだろう?」
外壁の色あせや周囲の家に比べて劣化が進んできたと感じたら、外壁塗装で外壁のリフォームを行います。
しかし、その相場を知らなければ、依頼をすることはできませんよね。
そこで今回は、外壁塗装にかかる費用の内訳を確認しながら、その相場についてお伝えしていきたいと思います。

◇外壁塗装にかかる費用の種類
外壁塗装をするにあたっては、塗料以外にもいくつか必要な費用があります。
まず初めに、塗装を行うためには作業台となる足場を組み必要があり、外壁塗装の料金にはこの足場台というものも含まれているのです。
足場を組まなければ作業ができないため、これは必ずかかる費用になります。

次に、塗装を行う壁表面の汚れを落とすための高圧洗浄代というものも発生します。
塗装面が汚れていると塗料を上手く塗ることができないため、作業の前には必ず洗浄を行うのです。

また、必要のない場所に塗料がかからないようにするという目的で、家の壁面には養生が足場の周囲には飛散防止ネットが用意されます。
飛散防止ネットは、隣の家の壁に塗料が飛ばないようにするために大変重要ですね。

ここまで塗装を始める前の準備段階における、費用内訳について話してきました。
次は塗装本体にかかる費用についてお伝えしていきます。

◇塗料によって変わる塗装費用
塗装本体にかかる費用は、シーリング、下地補修、下塗り、塗料と大きく4つに分かれています。
この内塗料は使うものによって値段が変わってくるのですが、シーリング、下地補修、下塗りの3つは同程度の単価なのです。

シーリングと下塗りはそれぞれ1uあたり750円と700円程度で、下地補修は一律で2万円ほどになります。
これがどれくらいの金額になるかと言うと、大きさが30坪の家で塗装総面積が約118uですので、シーリング、下地補修、下塗りを合わせておよそ20万円です。

さらに、塗料が加わるとどうなるかと言うと、一般的なシリコン塗料で1uあたり2500円程度なので全体面積で30万円弱、下準備の額と合わせておよそ50万円ということになります。
塗料の面積は、塗装する外壁の大きさによって大きく違ってきますので、上記の金額を参考にして頂ければ幸いです。

◇まとめ
外壁塗装にかかる全体の費用は、広さ30坪の家の場合に塗装代の50万円に加えて、足場や飛散防止ネットなどの準備にかかる費用約20万円がかかり、70万円程度と言うことになりました。
これはあくまで30坪のお宅を想定した場合の料金シミュレーションで、相場としては40~80万円と言われているのです。
外壁塗装の依頼をお考えの方は上記の料金を参考にされるか、業者に見積り取って頂いてみてください。

問い合わせ
会社ロゴ


2018年01月15日 [外壁塗装]
鶴ヶ島市A様邸です。
外壁塗装(軒天・鼻隠し・雨戸・戸袋)
屋根上葺(カバー工法)
雨樋交換
ベランダ交換           
以上の工事内容です。
足場


お客様が特に気にされていたのが屋根の劣化で、築年数もたっていてスレート瓦も数か所割れていました。
スレート瓦割れ
今後メンテナンスがかからないものを希望されていたので、既存の屋根に上葺するカバー工法をする事になりました。
屋根の上に屋根というと重たいのではと感じますが、「ガルバリウム鋼板」という軽い金属性素材(硬質ウレタン)
の横暖ルーフを使用しますので大丈夫です。

外壁塗装はアステック社のシリコン系塗料を選ばれました。
この塗料は超低汚染、遮熱機能を兼ね備えた最新「ラジカル制御」型塗料です。

既存のベランダが鉄製ベランダで、こちらも劣化が激しく不安だという事で取り換え工事をすることに
なりました。
鉄製ベランダ劣化
お客様が何を知りたいのか、何を不安に感じておられか、じっくり話を聞いてからニーズにあった工事をお勧めしています。
情報提供という部分で、多機能なものもお話しさせていただく事もありますが、ご予算と今後のメンテナンス期間などを
良く考えて頂きご納得のいった施工をさせて頂きたいと常に考えています。


屋根カバー工法、防水シートを敷いているところです。
防水シトー
その上にガルバリウム鋼板をのせて仕上がった屋根です。
カバー工法



PageTop