本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年12月09日 [外壁塗装]

知っておきたい!塗装工事の流れとは|坂戸市で外壁塗装をするなら

「外壁塗装ってどういった流れで進むんだろう」「塗装工事の流れを知って、日程管理に役立てたい」外壁塗装工事を検討されている方の中には、上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。外壁塗装を行うためには様々な作業が必要になります。工事の流れを事前に知っておくことで、思わぬトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。今回は、外壁塗装の工事がどういった流れで行われるのかについてわかりやすく解説します。

□塗装工事の流れ|7つのポイント

外壁塗装の工事は次のような流れで進んでいきます。

*挨拶回り

外壁塗装の本格的な工事に入る前にまずは、ご近所さんへの挨拶回りを行います。外壁塗装では、塗料によって独特のにおいが発生してしまいますので、ご近所さんから苦情が寄せられないためにも挨拶回りが必要になります。また外壁塗装の工事のために、人の往来や車の往来が増加します。小さな子供がいる地域では、思わぬ事故につながる可能性が大きくなりますので、事前に近隣住民の方に伝えておくと安心です。

*足場の組み立て、洗浄

挨拶回りが終われば、工事を始めるための準備に入ります。作業をスムーズに行うための足場を組んだり、外壁に付着した汚れを高圧洗浄機などを用いて綺麗に洗浄したりと準備を進めていきます。

*下地の補修・養生作業

大まかな準備が終われば、外壁表面を塗料で塗りやすい状態にするために、下地の補修を行なっていきます。
塗料の剥がれ・浮きがある場合は、余分な部分を取り除いたり、ひび割れがある場合は詰め物を行ったりと下地の補修をしていきます。
また、塗装作業を行う上で、塗料が付着して欲しくない箇所には、レジャーシートなどを使用して作業を施していきます。

*外壁塗装(下塗り・中塗り・上塗り)

事前準備が終わればいよいよ塗装工事を開始していきます。
塗装工事には大きく分けて、下塗り、中塗り、上塗りの三段階があり、乾燥させるための時間を設けながら、一段階ずつ塗装をしていきます。

*外壁塗装以外の付帯工事

外壁塗装に伴って、他にも行っておきたい工事をしていきます。
ベランダの防水工事、玄関のタイル補修など、依頼した業者が対応できる範囲で、他の箇所の工事も行なっていきます。

*業者による確認・依頼主による確認

外壁塗装とその他の工事が終われば、業者による確認作業を行なっていきます。
業者による確認作業ののち、依頼主による確認作業に移り、問題がなければ工事作業は終了です。

*足場の解体・清掃

確認で問題がなければ、足場を解体し、工事で発生したゴミを片付たり、養生で使用した材料を片付けたりなど清掃作業を行なっていきます。
足場の解体と清掃が終われば、全作業が完了です。

□工事期間中は2、3度の確認をする

工事期間中は、工事が順調に進んでいるかどうか2、3度確認しておくとより安心して工事を行ってもらうことができます。
工事の流れを事前に確認して、トラブルを未然に防いでいきましょう。
こちらの記事では、外壁塗装の工事がどういった流れで行われるのかについて解説いたしました。

PageTop