本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年11月07日 [外壁塗装]

外壁塗装の工事の流れってどうなってるの?坂戸市の業者が解説!

「なんだか塗装が剥がれてきたな」
「そろそろ外壁塗装したいな」
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし、具体的に工事の流れがどうなっているか分かっていないと依頼しにくいですよね。
工事の流れをしっかりと理解していれば外壁塗装が始まった時に慌てなくてすみます。
この記事ではそんな外壁塗装の工事の流れについてご説明致しますのでぜひ参考にしてください。

□外壁塗装の流れについて
*挨拶回り
まずは周りの家に対して業者が挨拶して回ります。
挨拶回りをいい加減にすると感じが悪く、後になってご近所トラブルになるので挨拶回りはしっかりする必要があると覚えておいてください。
弊社でも特に密接した家の方には粗品を送るなど、しっかりと挨拶回りをいたしております。

*足場作りと高圧洗浄
足場を組み立ててから養生シートを周りに貼ります。
これが終わると高圧洗浄をするのですが、この工程で手を抜いてしまうと後の仕上がりが変わります。しっかり汚れを落とさないと塗料が密着せず、後々の劣化の原因に繋がります。

*シーリング工事
シーリング工事をきちんと行わないと後からトラブルにつながります。
シーリングが傷んでしまうと後から雨漏りをしてしまうこともあるので、入念な施工を意識しなければなりません。

*補修工事とビニール養生
補修工事をしてからビニールで養生します。
補修工事は外壁の傷んでいる部分を補修する作業です。ここでクラック(外壁に入ったヒビ)などを補修します。傷があるのに補修せずに塗装を行うと塗膜の劣化を早める原因となります。

ここまでで塗料を塗れる壁の状態にしたので、次からは実際に塗装していきます。

*外壁下塗り
塗装は通常3回塗り重ねますが、一番はじめに塗る塗装のことを下塗りといいます。
下塗りを薄くしたり、とにかく急ぎ足で施工すると、後の上塗りの質が落ちてしまいます。
外壁の下塗りは上塗りと同じくらい大事にしておく必要があります。

*外壁中塗り、上塗り
外壁の中塗りと上塗りをしていきます。
お客様の理想の色を実現できるように入念に塗装していく作業です。

*屋根塗装から足場崩し
全ての工程が終わり次第足場を崩して工事終了です。
出来上がりをお客様に見ていただき、納得していただけたら引き渡しとなります。

□まとめ
この記事では外壁塗装の流れについてご説明致しました。
外壁塗装の工程ははじめの段階から入念に作業を行わないと失敗につながります。
弊社ではお客様に満足していただけるように全ての工程において全力で質の良い施工を致します。
外壁塗装をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

会社
問い合わせ

PageTop