本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年11月03日 [外壁塗装]

鶴ヶ島市の方必見!外壁塗装のサインであるチョーキング現象について

「チョーキング現象とか書いてあるけど、どんなものなのか全然わからない」
「なんでできるのか知りたい」

そのような疑問をお持ちではないでしょうか?
確かに、聞きなれない用語なので戸惑ってしまうかもしれません。
この記事ではチョーキング現象について理解していただけるように1からこの現象についてご説明致します。

□チョーキング現象とはなんなのか
まず、チョーキング現象とは傷んだ外壁の症状の1つです。
このチョーキング現象は外壁の塗り替え時期の目安としても知られています。
チョーキング現象はご自身でも簡単に確認することができます。ご自宅の壁を手で触ってみてください。白い粉がつき、手のひらが真っ白になってしまうとチョークング現象が起こっています。
チョーキング現象は劣化症状ですが、確認できてすぐに壁が崩壊してしまうことはありません。しかし、壁が劣化してきたサインですので外壁塗装をするのがオススメです。

□原因は一体なんなのか
チョーキング現象の原因は経年劣化です。
長い間風に吹かれ雨に打たれて、紫外線に晒されて壁の塗料が傷んできてしまうことが原因です。
そのほかにも海に近い場合は浜風で傷んでしまうこともあります。

□どれくらいの期間でチョーキング現象は起こるのか
チョーキング現象が起こる期間については塗った塗料の種類によります。
ただ、使用した塗料の寿命と比較して明らかに短い年月でチョーキング現象が起こった場合は業者の施工不良が原因の可能性があります。
きちんと施工が行われた外壁であれば2年や3年でこの現象が起こることは通常ありません。

□チョーキング現象を放置するとどうなるか
チョーキング現象が起こっているにも関わらずそのまま放置しておくと更なる劣化につながります。
外壁がひび割れてしまったり、コケてしまいます。これらの悪化を防ぐためにまずは外壁塗装をすることを考えてください。

チョーキング現象そのものは直接外壁に害をなすことはあまりありませんが、外壁が傷んでいることを前もって教えてくれるサインと思ってもらえるといいかと思います。

□まとめ
この記事ではチョーキング現象がなんなのかということをご紹介しました。
白い粉が手につくとチョーキング現象が起こっているサインであり、放置すると他の症状も現れてくるということがおわかりいただけたかと思います。
もし壁を触ってみて白い粉がつくようであれば、塗装をするのがオススメです。
弊社は丁寧で腕の良い塗装ができるので、ぜひ外壁塗装を考えている方はご相談ください。
従業員一同真摯に対応致します。

会社
問い合わせ

PageTop