本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年10月18日 [外壁塗装]

今大人気のラジカル制御系塗料とシリコン塗料の二つの違いを鶴ヶ島市の業者が説明します。

外壁塗料には様々な種類があります。
中でも、ラジカル制御系塗料とシリコン塗料が近年注目を浴びています。
シリコン塗料は、長年使用率がナンバーワンで非常に人気の塗料でした。

しかし、近年では、ラジカル制御系塗料の使用も増えてきており、シリコン塗料とラジカル制御系塗料は負けず劣らずの人気となっています。
そこでこの記事では、二つの塗料の違いを比較していきたいと思います。

□ラジカル制御系塗料とシリコン塗料の違い
*ラジカル制御系塗料とは
塗料には顔料という色の元が混ざっており、その顔料には酸化チタンという成分が含まれています。
その酸化チタンに紫外線が接触してしまうと塗料が劣化する原因となってしまいます。
そしてラジカルとは酸化チタンに紫外線が接触してしまうことで発生する劣化因子のことを言います。
要するに、ラジカルとは塗膜を劣化させる原因となる因子のことです。

そこで、この劣化原因となるラジカルを発生させないようにつくられた塗料がラジカル制御系塗料です。
ラジカル制御系塗料には酸化チタンを紫外線に触れさせないようにする機能と、光安定剤という発生したラジカルの動きを抑える機能があり、これらの機能によってラジカルを発生させないようにしています。

*シリコン塗料とは
シリコン塗料はシリコン系樹脂を主成分としており、昔から外壁塗装を行う際にもっとも多く使用されている塗料となっています。

*価格
ラジカル塗料の価格の相場は2900から3500円で、シリコン塗料の価格の相場は3000から3500円となっています。

*耐用年数
ラジカル塗料は10から13年で、シリコン塗料は10から12年となっています。

*塗りやすさ
塗りやすさの面では、ラジカル塗料の方がシリコン塗料に比べて塗りやすく、職人の評判が良いです。

*機能
機能性の面では、どちらも耐候性・防汚性・防カビ性などに優れており非常に高い機能を持っています。
ただし、臭いの面ではラジカル制御系塗料の方が勝っていると言えます。
なぜなら、ラジカル系塗料は水性であるため無臭だからです。
そのため、集合住宅にも向いています。

*実績
実績に関しては、シリコン塗料の方が勝っていると言えます。
なぜなら、ラジカル塗料はここ数年で世の中に出てきた塗料であるため、シリコン塗料に比べると施工実績が少ないのです。
ところが近年はラジカル塗料の使用率も上がってきており、実績はあまり心配する必要がなくなってきています。

以上、ラジカル制御系塗料とシリコン塗料の違いを説明しました。
ぜひ参考にしてみてください。

会社
問い合わせ

PageTop