本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年08月30日 [外壁塗装]

外壁塗装をお考えの鶴ヶ島市の方へ|シリコン塗料の耐用年数 

塗装は自然環境から建築物を保護する役割を担っています。
外壁はもっとも外部からの影響を受けやすいので、劣化が激しく、塗り替えの頻度も高いです。

そのような外壁塗装には耐用年数の長い塗料が好まれます。
シリコン塗料は耐久性と上質な仕上がりから外壁塗料として人気があります。

今回はそのシリコン塗料の特徴と耐用年数についてご紹介します。


□シリコン塗料の特徴
外壁塗料は大きく4つに分類されます。
アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料です。

シリコン系塗料はこの4つの中でフッ素系塗料に次ぐ耐久性、対候性を誇っています。
湿気を外に逃がすため塗膜が剥がれにくく、建築物内部の結露を抑制します。

また汚れがつきにくく仕上がりが良い上質な塗料です。

費用はフッ素系塗料に次いで高額ですが、全体の機能から考えると、コストパフォーマンスの良い塗料として人気があります。

しかし、伸縮性に欠けるためひび割れを起こしやすいという難点があります。

□外壁塗料の平均的な耐用年数とシリコン塗料の耐用年数
シリコン系塗料は耐久性が高いとご紹介しました。
平均的なシリコン系塗料の耐用年数は約8年から15年です。

以下の塗料別の平均耐用年数をご覧ください。
なお、メーカーごとの耐用年数表を作成すると膨大な数となりますので、基本的な塗料の種別で耐用年数を分類しています。

・アクリル系塗料   約4から7年
・ウレタン系塗料   約6から10年
・光触媒塗料     約10から15年
・ピュアアクリル塗料 約12から15年
・フッ素系塗料    約15から20年
・遮熱系塗料     約15から20年

フッ素系塗料、遮熱系塗料のトップクラスの耐用年数を誇る塗料には劣ります。
しかし、アクリル系塗料、ウレタン塗料に比べ比較的長い耐用年数となっていることがわかります。

シリコン系塗料の耐用年数の位置づけは全体の中の上といたところです。
しかし、その高機能と高いコストパフォーマンスから近年では最も人気があります。

住宅の屋根、外壁の塗り替え等幅広い分野で使用されています。


今回はシリコン系塗料の特徴と耐用年数についてご紹介しました。
シリコン系塗料は仕上がりが上質なだけでなく、汚れや結露の抑制、対候性、防水性に優れた塗料です。

また、耐用年数は塗料のトップクラスに比べて多少劣りますが、全体で比較すると高い機能を持っていると言えます。
総合的に見てコストパフォーマンスの高い塗料であることから近年大変人気な塗料なのです。

会社
問い合わせ

PageTop