本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年08月22日 [外壁塗装]

外壁塗料の種類にお困りの坂戸市の方へ|高機能塗料ガイナをご紹介

外壁塗装の傷みにお悩みの方は多いかと思います。
外壁塗装は住宅の美観だけではなく建築物の保護のために重要な役割を果たします。

しかし、塗料には様々な種類があります。
初心者の方にとってどのような塗料が適しているのか見極めるのは困難です。

今回は知っておきたい基本的な塗料の種類についてご紹介いたします。

□基本的な外壁塗料の種類
塗料によって仕上がり、耐久年数、値段は変動します。
外壁塗装に用いられる塗料の主成分は合成樹脂です。
アクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料の4つに大きく分類されます。

ここではそれぞれの特徴についてご紹介します。

*アクリル系塗料
メリット
軽く、はっきりとした発色です。
費用も4つの塗料の中で最も安くなっています。
外壁の色を頻繁に変更される方には適した塗料でしょう。

デメリット
紫外線に弱く、4つの塗料の中で最も平均耐久年数が短いです。

*ウレタン系塗料
メリット
アクリル系塗料と比較すると、防水性、耐水性、耐久性に優れた塗料です。
防水工事にもよく使用される塗料であり、複雑な形状でも施工可能です。
密着性が高いため塗装の欠落部分の修繕ができます。
価格も安価であり、機能も多様な塗料です。

デメリット
伸縮性に欠けるのでひび割れに弱い点です。

*シリコン系塗料
耐久性、対候性に優れています。
仕上がりもよく現在最もコストパフォーマンスに優れた塗料として人気です。

汚れの堆積、結露の発生を抑制する作用を持った塗料になります。

*フッ素系塗料
メリット
耐久性が最も優れた塗料です。
光沢があり美しい仕上がりとなります。
長い目で見ると価格の安い塗料です。

デメリット
汚れやすく、価格が最も高い塗料であるという点がデメリットになります。


□新塗料・ガイナ
以上の4つの塗料が主流な塗料の分類となっております。
しかし、近年新しく高機能の塗料が続々と開発されています。
その一つが株式会社日清産業の開発したガイナです。

ガイナは寒さ・暑さ、騒音、匂い、結露、汚れ等を対策した多様な機能を持つ塗料です。

ガイナは熱伝導を抑制する働きがあります。
夏場は涼しく、冬場は暖かく過ごすことができるのです。
それによって空調設備の利用を抑制できるので経済的ですね。

また、シックハウス症候群やアレルギーの原因と考えられるホルムアルデヒドの使用量が少なく、国の規制対象外となっています。
人と自然に配慮した塗料と言えるでしょう。


塗料には様々な種類があるということは、外壁塗装をする上でまず知っておきたい知識です。
塗料により費用、効能が異なります。
高価な塗料は耐久性に優れ、長い目で見れば安価な塗料です。
ご要望に合わせて最適な塗料をご検討ください。

会社
問い合わせ

PageTop