本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年08月18日 [外壁塗装]

鶴ヶ島市の塗装会社が解説|屋根の種類と塗料によって変わる屋根塗装の耐用年数

雨漏りがするようになったり、台風や雪などの自然災害の被害を受けて、屋根がだめになってしまったりすることがあります。
屋根が壊れると、生活にも支障をきたすため、できればすぐに直したいと思います。
しかし、屋根を直すにも、屋根の素材から塗料までたくさんの種類があり、迷ってしまうかもしれません。

今回は、屋根塗装の耐用年数について、屋根の素材と塗料の関係を踏まえ、ご説明いたします。

◼︎屋根塗装の耐用年数は、塗料と素材で変わる
屋根塗装の耐用年数は、塗膜が劣化するまでの、塗料が効果を十分に発揮できる期間を示します。
屋根は使われる塗料と素材の組み合わせによって耐用年数が変わります。
まず、屋根の材質と、使用される塗料についてご紹介します。


□屋根の材質
・金属系…ガルバリウム、鋼板、トタン
・ストレート系…化粧ストレート、天然ストレート
・セメント系…厚形ストレート瓦、コンクリート瓦
・粘土系…日本瓦

耐用年数の長い順に並べると、粘土系→セメント系→ストレート系という順になります。
国内で流通しているストレート系のほとんどが化粧ストレートで、天然のものより耐用年数が長いです。

金属系は、金属の性質によって耐用年数にばらつきがあります。
金属系の中で耐用年数の長い順に並べると、銅板→ガルバリウム→トタンといった順になります。

またこのうち、塗装が必要なものは日本瓦以外の素材です。

スレート
□塗料の種類
・アクリル塗料…耐久性は悪いが、発色が良く、価格が安い
・ウレタン塗料…耐久性はアクリルより良く、比較的リーズナブル
・シリコン塗料…耐久性が良く、色が豊富で、コストパフォーマンスに優れている
・フッ素塗料…耐久性が良く品質に優れるが、価格が高い

耐用年数は下の塗料になるにつれて長くなります。
またこれ以外にも、汚れに特化した塗料など、数多くの機能性塗料が存在し、屋根の耐用年数を延ばすことに貢献しています。

屋根は、メンテナンスの難しさやダメージの受けやすさから、耐用年数の長い塗料が選ばれることが多くあります。
そのため、耐久性の悪いアクリル塗料は現在ではあまり使われていません。

屋根

屋根は外壁などに比べ目につきにくく、劣化を見逃してしまいがちです。
しかし、太陽や雨風に晒されやすく、多くのダメージを受けています。
今後のメンテナンスを考えた上で、屋根塗装を行うことがとても大切です。

株式会社外装本舗では、鶴ヶ島市より埼玉県全域で外装リフォーム全般の施工を行っています。
屋根塗装をお考えの際は、ぜひご相談ください。

会社
問い合わせ




PageTop