本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年08月10日 [外壁塗装]

外壁材は張替えと塗装どちらがおすすめか|坂戸市で塗装のお悩み承ります

建物の築年数が長くなると、いたる所の劣化が気になります。
外壁の修繕をお考えの際、サイディングボードを使用されている場合は、いくつかのメンテナンス方法が存在します。

今回は、張り替えと塗装、2種類の方法で外壁を綺麗にできることについてご紹介します。

■サイディングと外壁塗装の違い
サイディングボードとは、板状の外装材です。サイディングボードは、建物にそのまま貼り付けるだけで外装が完成するため、塗装を行うよりも技術が不要で、最近の住宅によく使用されています。

■サイディングボードのメンテナンスには2種類ある
サイディングボードは、張り替えと上塗りの2種類の方法で綺麗にできます。


・張り替え
まず、サイディングボードを新たに貼るという方法です。既存のサイディングボードを完全に剥がし、新しく貼り直す方法と、既存のサイディングボードの上から新しいものを貼り足す方法があります。

―完全な張り替え
完全に張り替えることは、外壁材を新品にすることと同様です。
新品になるので、既存の外壁材に生じていた壁の劣化現象の解消にもつながります。
しかし、既存のサイディングボードを撤去する手間や費用などがかかり、コストは高くなります。

―サイディングボードの重ね貼り
重ね貼りをすると、外壁の厚みが増すので、その分建物の耐震性が向上します。
さらに撤去作業が不要なため、工事に伴う公害問題も起こらず、費用も抑えられます。

デメリットは、既存の外壁に生じている不具合を修繕できないことです。既存の壁の劣化は引き続き建物に残ります。


・上塗り
上塗りは、既存のサイディングボードに、上から塗装を施すことです。上塗りだと張り替えよりも費用がかかりません。
さらに、機能性の高い塗料を使用すれば、既存の壁に新たな効果を加えることが可能です。
様々な種類の中から、希望の塗料を選ぶことができるのです。

ところが、既存のサイディングボードに劣化が見られる場合、塗装が難しい場合があります。
劣化箇所の塗装は、すぐに剥がれる可能性が高いからです。
また、塗料の耐用年数に合わせ、定期的なメンテナンスのため、何度も塗り直しが必要になります。


このように、外壁を綺麗にするには、上塗りや張り替えといった方法があることをご紹介しました。

外壁塗装でお困りの際は、株式会社外装本舗にお気軽にご相談ください。
坂戸市、鶴ヶ島市、川越市など、埼玉県全域で施工を行っております。
塗装についてお悩みの皆さんの力になれれば幸いです。


会社
問い合わせ

PageTop