本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年07月29日 [外壁塗装]

鶴ヶ島市の塗装屋が解説|ラジカル制御塗料の持つ機能とは?

外壁塗装は頻繁に行うわけではありませんが、住宅のメンテナンスには欠かせない作業です。
そして、塗装をしたときの美しさを保ちたいと思うのは当然のことでしょう。

今回紹介するラジカル制御塗料は、美しさを保つための工夫が施された塗料です。

ラジカルという言葉を聞きいたことがない方も多いかもしれません。
ですが、そんな方にも読んでいただきたい、「ラジカル」を抑える塗料の仕組みについてお話します。
家イラスト

■塗装の劣化の原因はラジカル
塗装が劣化する原因はラジカルが発生するところにあります。
ラジカルとは、酸素や紫外線、水などが塗料と触れることで生まれる、劣化の原因となるものです。
ラジカルが塗料にダメージを与えることで、塗装の劣化を進めてしまいます。


ラジカルイラスト

■ラジカルを抑える機能を持った塗料が存在する
ラジカルを抑える機能を持った塗料は、ラジカル塗料やラジカル制御型塗料、ラジカル制御塗料と呼ばれています(以下の文章では、ラジカル制御塗料と呼びます)。

ラジカル制御塗料は、ラジカルの発生を抑えることに特化しており、塗装の劣化を防ぎ、外壁を美しい状態に保ちます。

ラジカル制御塗料は比較的新しい塗料で、認知度は低いです。
しかし、ラジカル制御塗料は、耐候性を高めるための塗料として注目されてもいます。
ラジカル制御塗料に使用されている成分のうち、制御に特化した成分は2種類あります。

・高耐候酸化チレタン
高耐候酸化チレタンには、ラジカルを外に放出させない性質があります。
さらに、ラジカルを発生させる酸化チレタンの働きを防ぐ効果もあります。これらの能力がラジカルバリアです。
ラジカルバリアのおかげで、劣化のしにくい美しい塗装を保つことができるのです。

・光安定剤
光安定剤は発生したラジカルを捕らえ、ラジカルの動きを抑える働きをします。
ラジカルの発散を防ぐことにより、劣化を遅らせることが可能です。

このように高耐候酸化チレタンと光安定剤の働きが、ラジカルを制御し劣化を防ぐのです。
2つの成分のおかげで、ラジカル制御塗料は高い機能性を実現できました。

ラジカル制御塗料は新しい塗料のため知名度も低く、取り扱いのしていない塗装業者も存在します。
しかし、新しい塗料として注目されているのです。

株式会社外装本舗は鶴ヶ島市、坂戸市、川越市など埼玉県全域で外壁塗装、屋根塗装、外装リフォーム全般の施工を行っている住まいの塗り替え専門店です。

少しでも興味を持たれた方は、弊社のホームページをご覧ください。
会社

問い合わせ



PageTop