本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年07月09日 [外壁塗装]

外壁塗装でよくある失敗の事例と注意しておきたいこと

外壁塗装は専門的な作業が必要な工程もあり、ご自身で行っても結局失敗に終わって、早期に修理が必要になることもよくあります。
そのため、外壁塗装工事に関しましては業者に依頼されることがおすすめです。

しかし、業者に行ってもらっても上手くいかなかったという話を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、外壁塗装工事においてどのような失敗事例があって何が原因なのかについてご紹介いたします。

◎外壁塗装における失敗事例

●施工後あまり時期が経たないうちに外壁に不具合が生じた
これには様々な要因が考えられます。そもそも技術力が不足している業者に依頼した、実際に施工した下請け業者や担当者が依頼した業者ほど優秀ではない、連絡不足による施工ミスなどがあります。
ひどい場合には、質の低い塗料を使用していた、乾燥すべき時間を省いたり下準備に必要な作業を飛ばしたりする、といった手抜き工事が原因の被害も見受けられます。

●高額の支払いが必要になった
業者との費用面のトラブル事例は多いです。
特別価格の対象ではなかったり、見積りで提示された以外に追加料金が発生したりと様々ですが、悪徳業者でなくても知人の紹介や訪問販売で何となく契約してしまって、後で費用を知った段階には解約するのが難しくなっていることもあります。

●契約前に説明を受け、こちらのリクエストも聞いてもらったはずなのに、違う工事をされた
実際の施工が契約時の話と違うというトラブルが起こることもあります。
この問題は話だけで約束が成立していると勘違いされている点です。残念ながら訴えたとしても認められない可能性も高いですし、塗装工事そのものの支払いに加えて訴訟代もかかるのは腹立たしいことです。

◎最後に
ここまで、外壁塗装工事に関する失敗の例とその背景についてご紹介してきました。
こういった失敗を避けるために押さえておいていただきたいポイントは大きく分けて二つあります。

一つは、業者選びを慎重に行うということです。訪問販売の即決や紹介のために断りにくくなって契約してしまうのは、長く住むことになる家の今後を任せる依頼先をよく考えて選んだとは言えません。
費用面だけでなく、技術が確かなのか・保証があるのか・信頼できる実績があるのか、様々な観点から判断するようにしましょう。

そしてもう一つは、契約内容は書面に明記してもらうということです。口約束だけでは、相手に否定されるとどうしようもありません。契約時に取り決めたことを見積り書などに記しておくことで、万一トラブルになって意見が食い違ったときにも役に立ちますし、お客様側の誤解も生じにくくなります。

参考にしていただけると幸いです。

問い合わせ

PageTop