本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
0000年00月00日 [外壁塗装]

外壁塗装ができない条件はあるの?ふさわしい時期は?

外壁塗装の工事を依頼される際にはどの工程をどの日に行う予定であるかを伝えられるかと思いますが、実際の工事は予定通りに進まないこともあります。
それは業者が怠けていたからというわけではなく、作業に適した気象条件でなかったからということが多いです。

◎外壁塗装はいつでもできるものなのか?
実は外壁塗装はいつ行っても良いというわけではありません。
塗料が凍結したり足場が滑りやすくなったりする時には、原則として作業が禁止されています。

また、塗料や塗膜が水分を含みますと効果が下がったり薄くなったりする恐れがあるために、降雨時や湿度が85%以上の状態では塗装工事を行うことができません。

そして、外壁に露や霜が付着していた場合も塗膜が不安定になりますので、乾燥させる必要があり、工事期間が延びることになります。

◎外壁塗装をするのにふさわしい時期は?
以上の条件を満たしているようであれば外壁塗装をいつ行っても問題はありません。
ここからはそれぞれの時期ごとに行いやすさと注意点を見ていきましょう。

まず、これからやって来る梅雨の季節ですが、ここはまとまって降雨になる可能性が高く、塗料の乾燥が遅れるだけでなく、湿気が含まれて不具合が生じやすい条件なのでおすすめいたしません。

その後の夏の時期は、塗料の乾燥が速く急な雷雨に気を付けさえすれば、短い期間で行うことができます。
しかしながら、高温になる時期なので、足場や工具などの金属部品がかなり熱くなり作業を行うのが難しい状態になることは押さえておきましょう。
また工事期間中は窓を開けることができませんので、冷房を使用されないお宅にとっては辛いでしょう。

これが秋になりますと心配する必要がなくなり、降水も台風さえ避けることができれば安定した気候ですので、塗装には最も適した時期となります。
しかし注文依頼も集中することになりますので、業者に行ってもらうことをお考えの方は早めに予約をされておくことをおすすめいたします。

冬は気温が低いため地域によっては塗装ができない条件に当たることがあるので注意が必要です。
ただ、降水が少なく比較的温暖な地域であれば雨や雪による工事か延びる可能性が低く乾燥しやすい気象条件ですし、かつ夏のように窓の開閉も心配することなく、秋のように繁忙期でもありませんので、依頼は行いやすいです。

春は秋と気温は近いですが、短期的な降水があることは押さえておきましょう。

◎最後に
今回は、外壁塗装を行うのにふさわしい時期について見ていきました。
外壁塗装ができない気象条件を押さえた上でお住いの地域の気候特性を踏まえて外壁塗装を依頼しましょう。


問い合わせ

PageTop