本日の現場ブログ | 『株式会社 外装本舗』は鶴ヶ島市より埼玉県全域で外壁塗装、屋根塗装、外装リフォーム全般の施工をおこなっています。住まいの塗り替え専門店!

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年06月11日 [外壁塗装]

外壁塗装の相場はいくらなのか

「外壁を塗装するには結構かかるらしいけど、相場ってどれくらいなんだろうか。」
マイホーム購入からしばらく経ち、外壁の劣化が気になり始めたころ。マイホームをきれいに保ちたい。でも、費用が気になってしまうとう方は多くいらっしゃいます。

「外壁 塗装 相場」と検索すると、様々な金額が出てくるかと思いますが、それがあなたマイホームに適応できるとは限りません。むしろ、外壁塗装の相場知りたい方は、どんなものに費用がかかるのかを知り、マイホームの条件にあわせて計算するほうが得策です。
そこで、今回は外壁塗装費をおおまかに計算する方法をご紹介します。

■費用計算の基本式
外壁塗装の費用は、大まかに言えば
(塗装にかかる材料費・設備費)×(塗装面積)+(人件費)
で計算できます。ご自宅までの交通費や廃棄物処理費などの経費もかかりますが、ここでは割愛いたします。

塗装面積は、マイホームの壁面積と言い換えられるので、簡単に概算できます。もしマイホームが約30坪なら、壁面積はおおよそ100uになります。

一方、一般の方は、外壁塗装にかかる材料費や設備費にピンとこないかもしれません。以下、どんなものがあるのかご紹介します。

■塗装にかかる代表的な3つの費用
◇費用1:塗料費
「外壁塗装なのだから当たり前だろ。」と思わないでください。
塗料費がかかることはご存知でも、塗料の種類によって価格が全く異なることをどれくらい知っていますか。塗料費について考えるときは、単に価格を見るだけでなく、その塗料の耐用年数・効果を勘案して総合的なコストパフォーマンスを見る必要があります。
外壁塗装をするなら、まずは塗料に詳しくなるのが良いかもしれません。

◇費用2:足場代
見落としがちな一方で結構かかるのが足場代です。外壁を塗装するときには必ず外壁の周りに足場を組まなければなりません。足場代は塗装面積に比例するだけでなく、塗装業者が自社で行うのか、下請け業者に委託するのかでも変動します。
見積もりを取るときには、誰が足場を組むのかにも目を向けてください。

◇費用3:高圧洗浄代
外壁を塗装するには必ず洗浄を行わなければなりません。さもなければ、下塗りがきれいにできず、後々塗膜の膨らみ・剥がれに繋がり、外壁の劣化を早めてしまうからです。
高圧洗浄の費用は線状の種類によっても異なるのでご注意ください。


■まとめ
外壁塗装の相場を知りたい方のために、費用計算のための要素を簡単にご紹介しました。費用が変動する要因はまだ残されていますが、手始めにご紹介したものを頭に入れて、適切な業者選びに役立ててください。

PageTop