本日の現場ブログ | 埼玉県で外壁塗装・屋根塗装のことなら外装本舗へ

株式会社外装本舗
お問い合わせ
ブログ
2018年06月03日 [外壁塗装]

外壁を利用して断熱するにはどんな方法があるのか

近年ますます夏は暑くなる一方です。そんな中欠かせないのがクーラーだと思います。暑さが増すなか、より一層クーラーに頼ってしまっているかもしれません。
しかし、中には、クーラーがあまり好きでない方やクーラーで体調を崩してしまう方も少なくないと思います。そんな、できればクーラーをなるべく使わずに快適に暮らしたい方のために、今回は、クーラーばかりに頼らずに夏を越えられる断熱についてご紹介していきます。


●断熱塗料と遮熱塗料
家の断熱性を上げ、部屋の熱や温度を抑える代表的な方法が、外壁塗装において断熱塗料を使うことです。太陽の熱でアスファルトや屋根が非常に熱くなっているのは見たことがあると思います。外の外壁や屋根が熱いと必然的に部屋の温度もぐんぐんと上昇していき、ひどい場合、室温が40度を超えることもあります。

そんなときにクーラーをつけなければ非常に危険です。我慢をすれば命にかかわる場合もあります。
しかし、「少しでも空調費を抑えたい」「クーラーは苦手だから使いたくない」という方もいらっしゃいます。
そこで登場するのが断熱塗料と遮熱塗料です。断熱塗料や遮熱塗料は先述したように外壁塗装で使用する塗料のことです。遮熱塗料は赤外線を反射する顔料を塗料に混ぜることにより高熱の原因となる赤外線を反射します。

また断熱塗料は部屋に熱を伝えないという点では遮熱塗料と一緒ですが、仕組みが違います。塗料に熱伝導率の低い樹脂を混ぜることにより部屋の温度を抑えます。
また断熱塗料は冬場にも役に立ちます。

寒い冬は熱を外に熱を逃がさないという働きを持ちます。断熱塗料でお勧めなのがガイナ塗料という塗料です。断熱塗料や遮熱塗料という類の中では一番有名と言っても過言ではありません。またガイナ塗料は防汚、防音効果などもあり非常に優秀な塗料です。

●外張り断熱
家を建てる時や外壁をリフォームする時に行う工事です。外張り断熱は柱や壁に断熱材を挟むことにより断熱効果を発揮し熱を抑えます。断熱材が途切れないことにより非常に高い断熱効果を発揮します。また結露を防ぐ効果もあります。ただ、効果が高い分費用の方も高くなり、約10%から20パーセントぐらい高くなることが多いです。その分省エネなので、最終的にはどちらか得かというと難しい所です。

以上、クーラーを使い控えても夏を乗り越えさせてくれる外壁塗料と外張り断熱をご紹介しました。まだまだ他にも断熱の方法があるものの、この2つは非常に有名でオーソドックスな方法です。ガイナなどの断熱塗料は当社でも取り扱っています。もし気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ

PageTop